どうながの映画読書ブログ

~自由気ままに好きなものを語る~

戦争

「戦争のはらわた」…サラリーマン的悲哀と不可解だけど凄みのあるラスト

これまで敵役ばかりだったドイツ兵をあえて主人公に置き人間らしい兵士として描く…当時衝撃を持って迎え入れられたという77年製作のサム・ペキンパー監督作。 戦争のはらわた [Blu-ray] ジェームズ・コバーン Amazon ドイツとソ連が死闘を繰り広げる43年の春…

「サザン・コンフォート」…ウォルター・ヒル最高傑作!?ボンクラ小隊決死の脱出劇

81年制作、日本国内では劇場未公開だったというウォルター・ヒル監督作。 ジャケ写は戦争映画のような雰囲気ですがサバイバルホラーと言っていい仕上がり。 「田舎で得体の知れない人に襲われる」系ホラーの醍醐味もあり、個人的には今まで観たウォルター・…

「眼下の敵」…駆逐艦vs潜水艦、爽やかな戦争映画

第二次世界大戦中の南大西洋。英国の暗号書を受け取る任務を負ったドイツ軍Uボートが米国駆逐艦と遭遇。互いの動向を探り合いながらの死闘を繰り広げることになるが… 眼下の敵 [Blu-ray] ロバート・ミッチャム Amazon 普段あまり観ないジャンルの作品だった…