どうながの映画読書ブログ

~自由気ままに好きなものを語る~

ドラマ

「教祖誕生」…ビートたけしの〝ここがヘンだよ新興宗教〟

北野武監督作品ではないのですが、ビートたけしの原作をたけし主演で映画化。 「ソナチネ」「HANABI」といったザ・北野作品よりもとっつきやく面白かった1本でした。組織内のゴダゴタドラマという点では「アウトレイジ」の新興宗教版といえるかも。 教祖誕生 <HDリマスター版></hdリマスター版>…

「エクソシスト」/疑問点整理&DC版・劇場公開版・原作の比較

久々に観た「エクソシスト」がとても面白かったので、原作本を再読、DVDのオーディオコメンタリーを倍速で視聴しました。 改めてみて色々気付くところもあり、ストーリー上分かりにくいと思った疑問点と、73年の劇場公開版と98年のディレクターズカット版の…

闘病映画としてみる「エクソシスト」

全然ジャンルが違う作品ですが、先日鑑賞した「奇跡の人」は個人的にホラー映画の「エクソシスト」と似ているなあと思いました。 ・突然我が子に異変が起こる・訪問者が苦しむ少女と家族を救う・サリバン先生はキリスト教の信仰者・子供との取っ組み合いシー…

「奇跡の人」…ド根性サリバン先生のバトルと愛に涙

決して重くも暗くもなく、サリバン先生がカッコよくてラストにはスカッと明るくなれる作品でした。 奇跡の人 [AmazonDVDコレクション] 発売日: 2019/07/24 メディア: DVD 子供の頃図書館にあった「世界の偉人」の漫画でヘレン・ケラーの話を読んだ憶えがあり…

「ゴッドファーザー1・2」の印象的な脇キャラクターをあげてみる

先日最終章を鑑賞したものの、やっぱり1&2が最高すぎたゴッドファーザー。 マイケル、フレド、ソニー、トムといった主役/準主役の魅力もさることながら脇役キャラの濃さもピカイチ。 各々の思惑、いつから裏切ってたかなど考えさせられ、サスペンスとしての…

「ゴッドファーザー 最終章 マイケル・コルレオーネの最期」/強いコッポラの思い入れ、外伝ならアリか

最終章とタイトルが変えられてのPartⅢがこの度初リリース。U-NEXTも期間限定で配信していたのでそちらで先に鑑賞しました。 ゴッドファーザー<最終章>:マイケル・コルレオーネの最期 - マリオ・プーゾ原作 発売日: 2020/12/08 メディア: Prime Video 制作…

「ゴッドファーザー」の残念なお兄ちゃん、フレド・コルレオーネをふり返る

今月、コッポラが新たに編集しなおしたという「ゴッドファーザーIII」がBlu-rayになって発売されるとのこと。 ゴッドファーザー(最終章):マイケル・コルレオーネの最期 [Blu-ray] 発売日: 2020/12/23 メディア: Blu-ray ※U-NESTで今月末まで先行配信もしてま…

「ゴーストワールド」/押し寄せるブシェミ萌え、オタクに沁みる青春映画

サブカルおしゃれ映画っぽいポスターとは裏腹にグサグサくる作品でした。 ゴーストワールド [DVD] 発売日: 2009/06/19 メディア: DVD 高校のはぐれ者コンビ、イーニドとレベッカ。卒業後も2人仲良く過ごすはずが、自立への道を歩み始めるレベッカに対し、無…

ベルイマン「ある結婚の風景」鑑賞/泥沼夫婦のおかしな愛憎劇

「ミッドサマー」のアリ・アスター監督が影響を受けた作品らしく手にとってみました。 ある結婚の風景 オリジナル版 Blu-ray 発売日: 2015/05/22 メディア: Blu-ray スウェーデンの巨匠、イングマール・ベルイマンが73年に撮ったテレビドラマで50分×6回、計5…

「太陽を盗んだ男」…”しらけ世代〟の主人公の虚無に呑まれる

タイトルは知っていたもののずっと未見だったのを初鑑賞。アクの濃い暗い映画なんじゃないかと思ってたけど、めちゃくちゃ面白かった…!! 太陽を盗んだ男 ULTIMATE PREMIUM EDITION [DVD] 発売日: 2001/09/21 メディア: DVD 中学校の理科教師がお手製の原子…

「女相続人」…条件付きの愛で人間不信に陥る女性

ヘンリー・ジェイムズの原作をウィリアム・ワイラー監督が映画化。 1949年アカデミー賞に8部門ノミネート、「風と共に去りぬ」のメラニー役の印象が強いオリヴィア・デ・ハヴィランドが主演女優賞を受賞しています。 The Heiress (Criterion Collection) [Bl…

「バトル・オブ・シリコンバレー」…ジョブズvsビル・ゲイツのパソコン興亡史

スティーブ・ジョブズもビル・ゲイツも実は盗人!? アップルの設立者であるスティーブ・ジョブズと、マイクロソフトの設立者であるビル・ゲイツの2人を主人公に、1970年代〜90年代後半までのコンピュータ界の歴史を振り返るようなドラマになっています。 バ…

「セッション」のラストはハッピーエンドに思えてしまう

このゴールデンウィーク、新作「イエスタデイ」をレンタルしてみたら全く肌が合わなくて、お口直しにこちらを再鑑賞することに。 セッション [DVD] 発売日: 2017/08/02 メディア: DVD 音楽大学を舞台に狂気の鬼教師とそれに喰らいつく新人ドラマーの対決を描…

「召使」…ご主人様と召使のキケンな関係

映画に出てくる執事や家政婦って時々怖いときがないでしょうか。 「レベッカ」のダンヴァース夫人とか、「ゆりかごを揺らす手」のペイトンとか…。執事は「バットマン」のアルフレッドみたいに格好いい頼りになる存在のイメージも強いけど、「ジャンゴ」のサ…

「ゴッドファーザー1&2」…ケイとマイケルの結婚を振り返ってみる

最近「ゴッドファーザー」を久しぶりに観たという旦那が、「アポロニアっている?」「あの結婚のくだり要る?」と何かとんでもないことを言い出したので、「いるやろ!」「というか、アポロニア爆死の瞬間、マイケルの幸せ全部吹っ飛んだんやで!」とちょっ…

「まぼろしの市街戦」の不思議なユートピアに魅了される

1966年のフランス映画「まぼろしの市街戦」は、普段フランス映画・戦争映画をあまりみない自分の心にも突き刺さった大好きな作品。 まぼろしの市街戦≪4Kデジタル修復版≫ [Blu-ray] 出版社/メーカー: キングレコード 発売日: 2019/08/07 メディア: Blu-ray こ…

「ヘレディタリー」の元ネタ!?「普通の人々」が大傑作だった件

春にDVDで鑑賞したホラー映画「ヘレディタリー」がとても好きな作品だったのだが、「ヘレディタリー」は1980年にアカデミー賞作品賞を受賞した「普通の人々」に影響を受けたとのこと…。 未見だったので、これを機会にと鑑賞してみたのだが、かなりの傑作だっ…

「カメラを止めるな!」は、私の好きな〇〇映画(ネタバレ)

一昨年話題になっていた「カメラを止めるな!」を今更ながら今年3月金曜ロードにて観ることができた。 前情報なしで観ることができてラッキーだった。とても面白かった…! 以下ネタバレありで、私も少し感想を書いてみたいと思う。 カメラを止めるな! [Blu-r…