どうながの映画読書ブログ

~自由気ままに好きなものを語る~

漫画

漫画「チ。」/地動説に挑むアツき男たち

週刊スピリッツにて連載中、現在単行本が2巻まで発売中の漫画「チ。」。 帯には「寄生獣」の岩明均先生の絶賛コメントが付けられていて、気になって読んだところめちゃくちゃ面白かったです。 チ。―地球の運動について―(1) (ビッグコミックス) 作者:魚豊 …

ドラマ「岸辺露伴は動かない」がディ・モールトベネだった!!

年末NHKで三夜連続放送されていたのを録画にて一足遅れて鑑賞。 (1)「富豪村」 メディア: Prime Video 「ジョジョの奇妙な冒険」第4部に出てくる岸辺露伴というキャラクターを主人公にしたスピンオフ漫画が原作。短編集になっている漫画の中からエピソー…

漫画「ブラック・ジャック」の好きなエピソードをあげてみる

鉄板すぎる名作ですが久々に読みたくなって、再読。 ブラック・ジャック 1 ブラック・ジャック (少年チャンピオン・コミックス) 作者:手塚治虫 発売日: 2019/07/10 メディア: Kindle版 自分が小学校の頃には図書室にあって皆で読んでいたけど、「人間はいつ…

「スピナマラダ!」…アイスホッケー漫画の見事な着地に驚嘆…!

「ゴールデンカムイ」の作者・野田サトルが2011年〜2012年にヤングジャンプで連載していたアイスホッケー漫画。 スピナマラダ! 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 作者:野田サトル 発売日: 2015/09/18 メディア: Kindle版 全6巻完結、打ち切りといってい…

「エルフェンリート」…アニメも素晴らしかったがラストは原作の方がよかった

原作は10年以上前に読んでいたのですが、評価が高いというアニメの方はずっと未見だったのを今更鑑賞。 エルフェンリート Blu-ray BOX 発売日: 2012/12/19 メディア: Blu-ray 圧倒的な音楽の素晴らしさ、鎌倉のロケーションを生かした演出、毎エピソードの終…

楳図かずおの「洗礼」…最恐サイコロジカル・ホラー、母と娘のヘレディタリー

高校生の頃だったか、「ロング・ラブレター」という「漂流教室」の実写ドラマが話題になっていて、図書館から原作本を借りていたクラスメイトに又借りし、それをきっかけに楳図かずお作品を読み始めました。 容赦ないグロテスクな描写、けれども全くチープで…

「鬼滅の刃」…斬新さは感じないけど、道徳観の強い主人公に癒される

なんかスゴイ流行っている…というのは知っていたのですが、完全にスルーしてた「鬼滅の刃」。 今月初めには19巻が発売とのことで、最新刊まで一気に読んでみたら、なかなか面白かった…! 鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス) 作者:吾峠 呼世晴 出版社/メーカー:…

「イムリ」を25巻まで読んだ。滅茶苦茶面白い…!

2006年からコミックビームで連載されている三宅乱丈氏によるSFファンタジー漫画・「イムリ」。 ずっーと前に1・2巻だけ読んだことがあり気になる作品の1つだったのですが、如何せん半年に1回の新刊発売というペース。 長らく忘却してたのですが、昨年秋100万…

「黒薔薇アリス」…愛と繁殖のヴァンパイア・ロマネスク

吸血鬼じゃなくて吸血樹!? 秋田書店さんらしい独特の表紙の雰囲気とホラーっぽい設定に惹かれて読んだ漫画作品。とにかく1巻でドタバタと人が凄まじい死に方をし、とんでもないドロドロのドラマをみせられて、心を鷲掴みにされました。 黒薔薇アリス 1 (プ…

「金田一少年の事件簿」のベスト事件5をあげてみる

話題になっていた「犯人たちの事件簿」に最近手を伸ばし、金田一少年を久々に読み返したのだけれど、やっぱり面白い…!! 昔大人気だった堂本剛が主演していたドラマ。こっちは全くみていなかったのですが、漫画好きの友人がコミックスを貸してくれたのをき…

漫画「クレイモア」、久々に読んだらめっちゃ綺麗に完結してた

2001年~2014年に主にジャンプスクエアで連載されていた、人気ダークファンタジー漫画、「クレイモア」。 CLAYMORE 全27巻完結セット (ジャンプコミックス) 作者: 八木教広 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/12/04 メディア: コミック この商品を含むブ…

「ナニワ金融道」…大人が読んでも勉強になる、金融漫画の超名作

家族におススメされて、昨年初めて読んだ漫画。 金融漫画に興味もなく、絵もあまり好みでないなあと、全く乗り気でなかったけど、読んだらメチャクチャ面白かった…! ナニワ金融道(1) (講談社漫画文庫) 作者: 青木雄二 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1999…

漫画「嘘喰い」の不自由な箕輪が愛おしい

※好きな漫画の、好きなキャラクターについて語った記事です。 ギャンブル漫画「嘘喰い」は、2006年~2018年に週刊ヤングジャンプで連載された作品だが、自分の大好きな漫画の1つだ。 嘘喰い コミック 全49巻 セット 作者: 迫稔雄 出版社/メーカー: 集英社 発…

「チャイルド・プレイ」と「GS美神」モガちゃん人形の回の思い出

自分はちょうど小さい頃(7歳〜10歳くらい)にチャッキーをビデオで観た世代なのだが、トラウマもんだった。大人になって見返すと、「そんなに怖くないやん。」と冷静になり、「チャッキーの顔とか、ホントによく出来てんなあ。」とひたすら感心しながら観れ…

漫画「たたりちゃん」をうろ覚えながら語ってみる

小学生の頃…私の幼馴染・Aちゃんの家にはたくさん漫画があって、遊びに行った時にいつも読ませてもらっていたのだが、その中でも強く印象にのこっているのが、犬木加奈子さんという漫画家の作品だ。 自分だったら初見ではまず欲しいと思わない、怖そうな絵と…