どうながの映画読書ブログ

~自由気ままに好きなものを語る~

"続編の方が面白い!〟と思った映画をあげてみる

映画ファンが語り尽くしたあるあるネタ!?かもだけど、自分も思いついたものをあげて少し語ってみたい。
なかなか続編って1作目に敵うことは少なく、1作目の成功に乗っかっただけのような駄作が多いような気がするけれど、たまに当たりが出ると嬉しい。そんな嬉しかった出会いをいくつかあげてみたい。


以下注意点!?

1:3部作や長期シリーズものも”続編”として認める
2:「サスペリアPART2」や「続・荒野の用心棒」など、配給会社がタイトルだけに続編と名付けた何ら関連のない作品は除外
3:異論は認めます!!
4:筆者が多ジャンル詳しいわけではなく、ハリウッド有名作メインで個人の好みを語っただけの呟きになっています。

それでは、思いついたまま、気ままにGO!!

 


インディ・ジョーンズ魔宮の伝説

冒険映画とは予測できないような、意外性のあるオープニング。悲鳴がうるさいケイト・キャプシャーと優秀な少年助手キー・ホイ・クァンという魅力的すぎる旅の仲間。
敬遠されるのは、ゲテモノ料理のシーンがあるからかもしれないが、こういうシーンも子供の頃ドキドキしたものだ。
そしてなんといってもトロッコ!!これに尽きる!!
レイダースも面白いし、インディのキャラと世界観をつくってくれた傑作だけど、何回観てもあきず、ワクワクさせてくれるのは魔宮の伝説の方で、自分はこの2作目が1番好きだ。3もオープニング・終わり方も含めて結構好きだけど、4は残念だったな…。

 

「エイリアン2」

エイリアン2 [Blu-ray]
 

これは2が圧倒的に1番人気のはず!?

リプリーコールドスリープしていたため、地球にいたはずの自分の娘が自分よりも先に年老いて亡くなってしまった…というのが切ない。少女を守るリプリー、ビショップのかっこ良さ、バスケエスの見事な散り様、むき出しのパワードスーツ!?を着てのラストの戦闘……もう興奮の連続だった。1も4も好きなのだけど、3がちょっと苦手でした…でも3が1番好きだと熱く語る人もいて、各作にファンがいるのがエイリアンシリーズの魅力なんだろうなあと思う。

 


ゴッドファーザーPART2」

ゴッドファーザー  PART?<デジタル・リストア版> [Blu-ray]

ゴッドファーザー PART?<デジタル・リストア版> [Blu-ray]

 

こちらも続編傑作あるあるだけど、半々くらいに分かれるんだろうか。
エンターテイメント色が強めな1作目と、暗くなったけどドラマの重厚さが増した2作目。
デ・ニーロのヴィトーが好きだったり、1作目より複雑な時代に突入した感のあるマイケルの苦悩を描いた2作目の方が自分は好きだけど、1あっての2だなあとは思う。
マーロン・ブランドがPART2にも本当は出るはずだったが、ギャラの折り合いがつかず出演中止になったとのこと。あえていない方がデ・ニーロのヴィトーだけでうまく完結もしていてよかったのでは…と思う。

 

 

「ミッション・インポッシブル  ローグ・ネイション」

現段階、6作続いているシリーズの5作目。
ずーっとデ・パルマの1作目が圧倒的に好きだったけれど、ローグ・ネイションは1作目の雰囲気に少し立ち返りつつも、最新のカッコいいアクションをバンバンやるといういいとこ取り!?
新ヒロイン・レベッカ・ファーガソンがかっこ良かった!!
そしてどちらかというといつも一枚看板になりがちなトム・クルーズがずっとこのシリーズをやり続けて、仲間のキャラも定着して、チームものとしてついに生きた!感が強くて好きだ。去年公開された6作目よりも5作目が好きだけど、次回作があるならあるで、楽しみだ。(トムの怪我が心配だけど)

 


「今、そこにある危機」

今そこにある危機 スペシャル・エディション [Blu-ray]

今そこにある危機 スペシャル・エディション [Blu-ray]

 

 「レッド・オクトーバーを追え」「パトリオット・ゲーム」に続くトム・クランシー原作のジャック・ライアンシリーズ第3作。圧倒的にレッド・オクトーバーのファンが多いかもしれないが、自分は”子供の時に劇場で観た!”という思い出補正のためか、「今、そこにある危機」が1番好きだった。
現地に赴いたライアンたちが待ち伏せ攻撃を受け、必死に逃げ惑うシーンにハラハラ。後半は安定の軍人感が漂うウィレム・デフォーが助っ人に現れ、アクション映画に(笑)。ライアン事務職じゃねえ、ツッコミたくなるが、アクションとポリティカルサスペンスと混ぜこぜになっていて大満足の好きな作品だ。

 


ダークナイト

満場一致と思われる圧倒的傑作。ヒース・レジャーのジョーカーが凄すぎる。全く緊張感が途切れない150分。正直「ビギンズ」を観たとき、「やだあ〜ティム・バートンゴッサムシティ返して」とか思ったけど、まさか別モノでこんなに凄い続編をつくってくれるなんて…。ライジングも面白くて、締め方も綺麗だったけれど、2作目がやっぱり1番だなあ、と思う。

 

 

バットマン リターンズ

先にノーラン版を挙げておいてなんだが、バートン版バットマンの方がなんだかんだ言って好きかもしれない。 ジャック・ニコルソンのジョーカーもすごいし、お話としては1作目の方が綺麗にまとまっていたと思う。でも、バットマン以上の陰キャが暴れまわる2作目の方が自分は好きである。冒頭、赤ちゃんのペンギンが捨てられて廃道を行くオープニングだけで心掴まれる。セリーナのメンヘラキャラが大好きだし、好きあっているはずのキャットウーマンバットマンがくっつかないのも切ない…。

 

 

スパイダーマン2

アメコミものは1作目が起承転結の”起”になって、2作目以降でヒーローの苦悩のドラマを描いていることが多いのかな、と思う。ヒーローと私生活の掛け持ちが上手くいかないピーター。強敵・ドックオックとの列車上での死闘。ピーターを助ける乗客たちの優しさにうるっと来る。
MJがピーターを送り出すラストシーンも大好きだ。3はちょっと敵もドラマも多すぎたのかなあ。結局トビー・マグワイアのピーターが1番だと思って以降のシリーズをほとんど観てないけれど、最新のピーターはいいと評判なので、ちょっと気になっている。

 


死霊のはらわた2」

死霊のはらわたII [Blu-ray]

死霊のはらわたII [Blu-ray]

 

1作目から既にコメディに覚醒する気配はあったのではないかと思う。2作目はそれを堂々とやってくれた上、なんとかホラーとしての立ち位置も保っている絶妙なさじ加減。自分の右手と必死に格闘するブルース・キャンベルの壮絶コント。ゾンビになったとはいえ、ガールフレンドに対するわりと情け容赦ない仕打ち。まさかのラストのSF展開には心をグッと掴まれる。
キャプテンスーパーマーケット(3作目)も好きだけど、はじめからもう100%コメディで行くより、意外性のある展開で魅せてくれた2作目が1番好きだ。

 


28週後

1作目(28日後)がそもそもそんなに好きでもなくて、まーったく期待してなかったら、アレ?もしかして面白くない!?と夢中になって観た。ディストピア感が強く、人物描写が丁寧だったように思う1作目。それに対してパンデミックパニックアクションと化した2作目。ひたすら街がメチャクチャになって、大慌てしているような映画だったような(笑)。途中助けてくれる「俺の屍を越えていけ」的・軍人ジェレミー・レナーがカッコよかった。
1作目と同じことをしても面白くないと、あえて方向性を変えてきたところに意表をつかれて面白く思った。

 

 

仁義なき戦い 広島死闘編」

仁義なき戦い 広島死闘篇 [Blu-ray]

仁義なき戦い 広島死闘篇 [Blu-ray]

 

邦画はあまり観ないのだけれど、こちらはおススメされて、観る機会があった。実質シリーズの2作目でありながら、これ1本で成立している外伝的な立ち位置。これだけ観ても全然OKな上、最高傑作というお得な作品!?かもしれない。
成り行きでヤクザ者になったものの利用されるだけ利用されて捨てられる山中。若い頃の北王子欣也が端正な顔立ちでヤクザになってもどこか純朴な雰囲気があり、悲しい。また千葉真一のヤクザものの迫力がスゴい。
邦画や任侠映画を普段あまりみない自分でも、大変な時代を生き散っていった若者の青春ストーリーとして胸に刺さるものがあった。

 

 

「女囚さそりシリーズ けもの部屋」

女囚さそり けもの部屋 [DVD]

女囚さそり けもの部屋 [DVD]

 

「広島死闘編」の梶芽衣子が美しかったと思い出したのでついでに…。

全部で4作あるシリーズの3作目だけれど、3作目がぶっちぎりで面白かった…!さそりの仇名を持つ梶芽衣子演じる松島ナミは、男に裏切られて投獄された悲しい女性。けもの部屋では、初めてさそりが自分以外の女性のために動く。悪役陣が超個性的で輝いているのが本作の魅力。腕を切られても追いかけてくる刑事役の成田三樹夫。変てこなインテリアを好む娼婦の元締め女社長…など一度みるとなかなか忘れられない。

 邦画は時代劇のシリーズものなどで、面白い続編っていっぱいあるんじゃないかなあ、と勝手に思っている。

 

 

 

以下、蛇足ですが、「続編もすごく面白くて好きだけれど、やっぱり1作目の方が好きかな…」と思った作品もいくつか挙げてみたい。

 

ターミネーター2」

 時空を超えた切ないラブストーリーのような1作目と、少年とロボの友情がアツい2作目…どっちも大好きで迷うけれど、ラストの「嵐が来る」のカッコよさ、シュワちゃんよりもサラ・コナーがカッコよかった1作目の方が自分は好きかなあと思う。でも2の「1作目の敵が味方になる」という展開もすごく引き込まれるし、2が好きという人の方が自分の周りには多かったような気がする。

 

スター・ウォーズ 帝国の逆襲

 旧3部作の2作目「帝国の逆襲」もどちらが好きか迷う。AT-ATや帝国のマーチのカッコよさ。もし自分がリアルタイムに思春期で劇場でみてたら、まさかの展開に息をのんで、夢中になったんだろうなあ、と思う。VHS世代でまとめて観たからか、「なんだかんだで新たなる希望が1番好き」に落ち着いている。語れるほどの「スター・ウォーズ」ファンでは全くないけれど、やっぱりヤヴィンの戦いが1番好きです。

 

「新・猿の惑星

 「猿の惑星旧5部作」の3作目。うわあ、よく出来てるなあと唸ってしまった。「人間が猿の惑星にやってきた」1作目と対をなすように、「猿が人間の世界にやってきた」3作目。社会的なメッセージも強いし、何よりその後の4、5と続く展開を見事につなげてくれた。「5部作中のMVPは誰?」ときかれたら「3作目」じゃないかな、と思う。でもやっぱり1作目の衝撃度と完成度は超えられないのかも…どっちが好きかっていうとやっぱり1かな、と思う。

 

 

 

なかなか気になっているけれど、追えていない続編も多い。特にアメコミ映画をここ何年もみていなくて、すっかり授業についていけなくなった生徒状態になってしまっているが、マーベルのシリーズもゆっくり追いかけられたらと思っている。

なかなか意外に面白い続編は色々ありそうだ。今後も良作にであえることを期待したい。